子ども中心の幼稚園子どもが喜ぶ幼稚園

image

子供中心の幼稚園を作りました

「自分が生まれてきたこの世の中は、自分が思った通りに生きていっていいんだ」「大人の顔色をうかがいながら恐る恐る生きていくより、自分らしくのびのびと生きていっていいんだ」と思えることは子供の幸せだと思います。保護者もわが子が元気でのびのびしていると嬉しくなりませんか?子供と保護者の幸せを願って子供中心に考えた幼稚園です。

つみき幼稚園を見学に来た子供達に次の二つの特徴がある

人間の本当の幸せとは次のようなことではないではないかと私たちは考えています。

  • 幼稚園に入ってくるとお母さんからパーっと離れて自分から進んで遊び始めたり、遊びたくてむずむずしてお母さんの手引っ張っていこうとしたりします。
  • 見学が終わってお母さんが帰ろうとしたとき、もう少し、もう少しと言ってなかなか帰ろうとしません。

子供はプラスの刺激が与えられなければが成長できないという大前提がある

プラスの刺激とは愛される、可愛がられる、大事にされるということはもちろんですが、 うれしい、楽しい、面白い、わくわくする、やってみたい、という気持ちにさせる刺激のことを言います。だから、子供が喜ぶものを集めました、それと子供の成長に欠かせないものを集めました。(子供は早く大人になりたい・成長したいという思いでいっぱいです)。その私達の気持ちが子供のハートに響くのだと思います。 つみき幼稚園の床が平らでないのは、試行錯誤しながら子供のために良い物を追及していった結果、起伏がある方が良いという結論に達したから、既成概念にとらわれることなく思い切って変えてみたのです。その結果、この環境のおかげで、子供たちが大きく変わっていきました。